2022/05/23
昨日のこの時間は東京にいた。 同じ日本なのにこうも風景が違うなんて。 空、水、土、太陽、風、森、虫、 ここが私の仕事場。 コンビニも電車もスタバもないけれど、 なんだか今日はひどく贅沢に見える私の仕事場。

2022/05/22
「戦争プロパガンダ10の法則」アンヌ・モレリ著 永田千奈 訳 草思社文庫 800円 ウクライナ紛争当初から、あまりにウクライナや西側やNATO寄りの報道や情報ばかりが目立ち、「これはおかしい。大本営発表やイラクやアフガニスタンやコソボの米軍の一方的な情報操作と同じではないか」と疑ってきた。 そんな中、この本に出会った。...

2022/05/21
30年ぶりに古巣・横浜YMCA。 当時子供達をキャンプに 連れて行くのが私の仕事。 30年ぶりの仲間達との再会。 大変だったこともいっぱいあっただろうに お互い楽しい思い出しか出てこない。 久々に腹がよじれるほど笑った。

2022/05/17
「戦争プロパガンダ10の法則」アンヌ・モレリ著 第4章  自由と民主主義を守るため、小国を助けるために武器援助を行うと言う欺瞞。誰もそんなことのためにお人好しな大量の巨額の武器供与はしない。戦後の利権の密約があるからこそ援助する。戦いは長引けば長引くほど巨額の武器輸出利権や徹底的に街を破壊した方が次なる再建のための利権に繋がる。...

2022/05/15
「戦争プロパガンダ10の法則」アンヌ・モレリ著 第一章「我々は戦争したくない」は 「ウクライナもロシアもやむなく戦いを始めた」と叫んでいる。 だいたい戦争を始める時に 「戦争を始めたい」と宣言する国はない。 いつのどこの戦争でも、戦争したくないけど 相手が悪くてもう我慢できないから 自己防衛、自衛のために、自国民を守るために...

2022/05/15
どう考えてみても報道が一方的すぎる。 当初からウクライナもロシアも 私はどちらも支持できない。 イラクでの米軍の行いには無批判で ロシアがやってることは悪魔。 戦争がそんな単純な構図のはずはない。 この本にはウクライナの戦争報道で 直感的に自分が感じ取っている 疑問や疑念、矛盾や欺瞞が整理されてる はずだと思い読み始める。...

2022/05/14
「我が春よ!」とばかりに田んぼの畦で 突然一斉に花を咲かせる草花たち。 誰も種まきしてないのに、 肥料あげてないのに、 遅霜にも当たってるし、 水ももらってないのに。 どうして君たちはそんなに元気なんだ。 いのちが眩しい。 ごめんね。 数日後には草刈りします。
2022/05/13
最近バケツ稲について学校さんや保育園さんから 問い合わせが続いているのでプロ農家の私も 取り寄せてみた。 広大な田圃からするとミクロの世界だけど これも米づくり。 マニュアルなどかなりよくできてて 感心するレベルで素晴らしい。 やるなJA!

2022/05/12
霜にやられてしまった苗。 例年ならもう緑緑してるはずの葉っぱが 枯れてくすんだ色のまま。 まだ回復してこない。 ひどいけど死んではいない。 自分と重ねてみる。 ゆっくりでいいよ。

2022/05/10
怪我なく無事終わる。 ありがとう。

さらに表示する