2021/09/24
今年最終の籾摺り作業を無事終えた。 6台の乾燥機を始め機械群もみんながんばった。 今年200万円で導入した大型乾燥機も大活躍。 籾摺り機も数年前にスリランカ人から買った フォークリフトも2台の計量機も色彩選別機も みんなみんな大活躍だった。 どの機械にも感謝しながら丸一日かけて 大掃除して稲刈り仕様の仕事場を 新米出荷バージョンに配置転換。...

2021/09/23
「私、あなたの酷使にも耐え 稲刈りやり切ったでしょ! きれいにしてね!」と 誇らしげな顔でシャワーを浴びる 850万円のコンバイン様。 はい、あなたのお陰です🙏 うちの施設での籾乾燥〜籾摺り作業もいよいよ 隣村から最終の籾の搬入を残すのみ。

2021/09/21
稲刈り終了から一夜明け、きりきり舞いの日々から 解放され心からホッと安堵の表情。 まだまだ籾摺りや玄米調整など忙しい作業は 続くけれど、もう天気を心配しない済む有難さよ。

2021/09/21
稲刈りは終わった。 涙が出る。

2021/09/20
収穫作業をお手伝い頂いているのは 70歳代の3人。 3人ともかつての日本はこうだった🇯🇵! ってな感じでよく動き、真面目、誠実 そして冗談好き。 冗談は知らない人が聞いたらきっと なんでこの人達は罵り合っているのだろう!? と驚くに違いない毎度ひどい泥試合。ゲラゲラ。 油断しているとヤラレルから常に仕事以上に...

2021/09/19
今日はよく晴れて絶好の稲刈り日和。 今日も遠慮なく刈って刈って刈りまくった。 仕事がはかどるのは本当にありがたい。 でも自分で稲刈りしといてなんだけど 春からずっと、つい今朝まで稲が立っていたから 稲刈り後の田んぼの風景はなんだかさみしい。

2021/09/18
稲刈りした籾は、自社のライスセンターに運んで 乾燥機に入れ水分を15%ほどに調整後籾摺りする。 籾摺りとは籾殻を外して玄米にする作業。 出来上がった玄米は一袋30kgの袋詰め。 30kgって、現代ではなかなかない重さ。 しかも数えるのが嫌になるほどの袋数。 バキューム吸引機(250万円)がなかったら 地獄の作業間違いなし。 籾摺り作業は責任感の強い...

2021/09/17
昨日まで黄金色に稔った稲穂で いっぱいだった田んぼを刈り取ると 田んぼはまるで羊の毛刈りみたいに丸坊主。 人様の田んぼと自分の田んぼ、 小さな農村の大半の面積を うちのコンバイン一台で稲刈りする。 それは一日一日村中を秋色に 塗り絵して回っているようにも見える。 もう27年もこの村を秋色に塗ってきたんだな。 一昔前住民がも少し若く元気だった頃は...

2021/09/16
清々しい朝から乾燥機と色彩選別機の調子が 悪く焦りまくりの一日がスタートする。 なんとか機械たちの機嫌を取って 台風前に被害が出ないように田んぼでは 稲を刈って刈って刈りまくる。 で、焦って走りまくって 今までの経験からすると トラブル✖️焦りまくりが重なった時というのは 更なるトラブルを連鎖するんだよなぁ… と厳重警戒も…...

2021/09/15
稲刈りが終わったら 見にかなきゃ。 他国を先制攻撃することを容認するとか もっともっと軍事費を上げるなどと言う 勇ましい政治家より 困っている人や弱い立場の人を 真っ先に助けに行くような政治家がいい。

さらに表示する