ブログカテゴリ:154



25日 9月 2015
無事にと言いたいところだけど、乾燥施設修理不可能という大問題発生の中、最後の稲刈りが終了。 とりあえず「万歳!!!!」 今年の米は21年で3本の指に入るくらい綺麗なお米。 涙が出そうに。
23日 9月 2015
稲刈りの一ヶ月、正直大分疲れてきてもう本を読む余裕もない。 本屋に行ってもまるで頭が反応しない。 と言いつつ、近藤誠先生は面白いことを言っているという噂を聞きつけ、パラりパラリ読んでみた。 氏は乳がんの専門医。...
22日 9月 2015
そろそろ頭からも体からも湯気が出てきた。 稲刈りも終盤だけどフラフラ~。 充実を通り越してきたなこりゃ。 がんばれ自分、あとちょっと。
20日 9月 2015
もうあと数日、もうあと数日で長くて大変な稲刈りの日々が終わる。朝から晩まで動いて考えて動いて考えて、間違いなくギリギリ一杯で頑張っている。時々頭も体もどうにかなってしまいそうになるが、頭も体もどうにかなってしまうほど真剣にぶつけている。息つく暇もないほど恐ろしく忙しいが、生きている実感もしっかりある。...
19日 9月 2015
「そういえば、学校で隣の子がバタフライナイフ持ってたの」 「それは危ないね!!」 「そう、私怖かったから、早速今日私もお小遣いでバタフライナイフ買いに行ったの」 「えっ、その子にそんな危ないもの持って来ちゃダメって言わないの?」...
18日 9月 2015
子供に「ルールを守りなさい」と注意したら「だって、日本政府ですら憲法守らないのになんで?」「あれはね、憲法守らない方が得をする大人がいるんだよ」 とでも言えばいいのか? 校舎の廊下で「廊下は危ないから走っちゃダメ」と注意したら「ローラースケートで滑ってスピード出てるだけで、走ってないじゃん。」って、おっと、自公の憲法解釈と同じか。...
17日 9月 2015
へへっ。
16日 9月 2015
これまでどんな戦争も100%必ず「自国を守る」という大義・スローガンから始まる。先の大戦ではあれだけの人が亡くなり、一体誰がどうやって責任を取ったのか、取れるはずがない、天皇ですら取れるはずがない。安倍、お前さん取れるのか。僕らをアメリカの汚れ切った戦争に巻き込むな。
15日 9月 2015
コンバインの運転席から。 高齢化した村の人たちから稲刈りを頼まれること20軒。そのうち何とか無事に16軒の稲刈りを終えた。 まだまだ自分の田圃の稲刈りがたくさん残っている。        国会前で戦争反対と声を挙げている方たちに敬意を表します。        行けないけれど、岐阜の山奥からも応援しています。
14日 9月 2015
何をしようとしているのか、誰が、どこに進もうとしているのか、自分たちはその時何を考えたのか、何ができ何ができなかったのか、どうして強行採決は阻止できなかったのか、後世に説明できるようによく覚えておこう。 自民党、公明党、安倍、それに乗っかる国会議員、「違憲」が強硬で通るのなら何でもありってことだ。...

さらに表示する