お問い合わせは 

090-2138-8051 

山田までお気軽にどうぞ。

放射能を低料金で正確に測定します

 

農事組合法人福地ハイランズでは、放射能測定センターを開設し農産物や水・土壌などの放射線測定を始めました。                      

放射線測定のきっかけは「自分達の生産したお米の放射能の影響を自ら数値で確認したい」という思いからで、放射線取扱主任者免許を取得の上、高感度放射能測定機器NalTI)シンチレーションスペクトロメータを導入しました。施設改装・資格取得・測定機器購入などに400万円程かかりましたが、これにより測定機器、測定方法ともにしっかりとした信頼性を持たせることができました。

 

しかし、元々原発事故さえなければ放射能測定も測定料金も必要なかった筈です。それなのに他の検査機関の一検体の測定料金(一万円~数万円)は生産者や消費者には高過ぎます。そこで、私たちは生産者の立場に立ち、みなさんに気軽に放射能測定をご利用いただけるよう一検体の測定費用を5400円(税込)とできる限り低く抑えました。測定するのはヨウ素131、セシウム134、セシウム137の3核種。一検体は500mlのペットボトルほどの量があれば十分測定できます。

 

数十万円の廉価(私達にとっては高額ですが、放射能測定の世界では)な機器での測定では250ベクレル以下の放射能をすべて「不検出」としたり、鉛の遮蔽体がなかったり、表面の放射線の有無しか分からず食品基準値「ベクレル/kg」の測定ができず正確性に欠いてしまいます。これではせっかくの放射能測定の意味が半減します。

 

弊センターではお預かりする検体の質量を正確に測った上、200kgの鉛遮蔽シールドの中に入れ、外部環境から飛び込んでくる放射線を遮断し検体自体の正確な放射能を測ります。放射能測定は特殊ではありますが、信頼性をしっかり確保しながら敷居の低い開かれた測定センターを目指しております。放射能測定に関してご要望などありましたらお気軽にお寄せください。お預かりする検体は、自分たちの生産物と同じように大切に測定させていただきます。

 

505-0421岐阜県加茂郡八百津町福地751-11

農事組合法人福地ハイランズ放射能測定センター 山田正隆

お問い合わせは夜8時まで0574-49-1761

8時以降090-2138-8051